【実はイメージ通りに稼げない】仮想通貨のマイニングの仕組みとは

放置するだけで稼げる

最近では仮想通貨を使った副業が注目され、中でもマイニングはマシンを購入し放置するだけで生成した仮想通貨の金額分の報酬を得られます。
このため、マイニングマシンを購入してしまえばあとは自動的に稼げると思われがちですが、実際には電気代やメンテナンスなどに莫大な費用がかかり注意が必要です。

仮想通貨は値動きが激しく上がれば一獲千金を狙えますが、下がってしまうと損をすることになります。マイニングは仮想通貨の値段がそのまま利益になりますが、電気代やメンテナンスなどのコストが差し引かれマイニングマシンも高額なため、収支がプラスになるまで長い時間を要するものです。
このため、「放置するだけで稼げる」といううたい文句で勧誘されることも多く、きちんと確かめてから判断するようにしないといけません。

詐欺の格好の標的になりやすい

仮想通貨のマイニングは特に詐欺の格好の標的になりやすく、必ず稼げるとアピールしてマイニングマシンの購入を勧めてきます。
マイニングは日本国内では電気代が海外と比べて非常に割高になり、マシンでハッシュ関数を計算して仮想通貨を生成する工程は電気代が安い海外の地域で行われるケースが多いです。

このため、マイニングマシンを購入すると販売会社のスタッフが代わりにマイニングをしてくれますが、そのためには多くの費用を支払うことになります。
マイニングマシンの価格は50~100万円が相場になり、仮想通貨を作るためには電気を消費するため電気代が追加でかかる仕組みです。このため、正確な金額が分かりづらいため詐欺の格好の標的になりやすく、怪しい業者とは関わらないようにする必要があります。

する前に注意すべきこととは

仮想通貨のマイニングの利益はハッシュ関数を計算しブロックチェーンをつないで作った仮想通貨の価格からマイニングマシンの価格と電気代を差し引いた金額になり、収支をプラスにするまで長い時間を要することになります。

その後は利益のみを出せることになりますが、割りに合わないことも多いです。また、マイニングマシンを購入するときは業者に関する口コミや評判を確かめ、返金保証がなければ避ける必要があります。

マイニングマシンは海外の業者から購入することになりますが、会社概要を確かめて特商法に違反していないか確かめて選ぶことが大事です。また、怪しいと感じたら消費者庁に相談するとアドバイスをしてもらえ、トラブルが起きないようにすると安心できます。

SNSでもご購読できます。